So-net無料ブログ作成

アスコーマーチ あらすじ レビュー 第6話 [アスコーマーチ あらすじ レビュー 第6話]

アスコーマーチのあらすじとレビュー:第6話

晴れて永鈴高校の転入試験に合格した直(武井咲)。しかしアスコーを去ることに一抹の寂しさを覚えているのも事実。アスコーモーターショーが終わったら盛大な送別会を開いてくれるという玉木(賀来賢人)たちの言葉にも素直に喜べない。

 多感な高校生だからこそ、他人にどう見られているか、どう評価されているかが気になるんですよね。でも自分のやりたいこと、目指すものが他人から評価されない(と思っている)から葛藤が生まれるわけで。

 そんな中、再び有人(松坂桃李)の父・敏郎(原田龍二)が祥子(菊川怜)と有人の前に姿を現す。怯える祥子はたまたま居合わせた直に連れられて、直の家へと。

 なりゆきで有人とともにしばらく直の家で暮らすことになる。敏郎に住所を教えてしまったことに責任を感じる直は有人に謝るが…

 さらにモーターショー前日、エコカーが壊れてしまうという事件が起きる。必死の修復作業をするA組生徒たちだったが、その最中に直が敏郎に連れ去られて行方不明に。今度こそ有人の居場所を絶対に教えまいとする直に、敏郎が自らの胸中を吐露する。

 結局アスコーに残ることになった直。他人の評価より自分のやりたいことを選んで正解だったのか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。