So-net無料ブログ作成
検索選択

ジウ あらすじ レビュー 第1話 [ジウ あらすじ レビュー 第1話]

ジウのあらすじとレビュー:第1話

誉田哲也氏の原作を忠実に再現している模様です。

誘拐事件を捜査していた警視庁刑事部捜査一課の東弘樹(北村有起哉)は男児の母の身代金受け渡し現場にいた。

 しかし目を離した一瞬の隙に、身代金が入ったバッグを犯人に奪われてしまう東。誘拐された男児は無事保護されたが、犯人を取り逃がした彼の責任は大きかった。その現場で、東は謎の金髪少年を目撃していた。

 警視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査第二係の伊崎基子(黒木メイサ)と門倉美咲(多部未華子)は互いにまったく相容れない性格で、二人が所属する通称「SIT」は誘拐や立てこもりなど、現在進行形の犯罪の捜査をする部署で、基子は突入班、美咲は交渉班に所属している。

 動の基子に静の美咲、ドラマでなければ一生接点のなさそうな二人。

 ある日警視庁管内で人質立てこもり事件が発生する。岡村という男が地域自治会館に立てこもったとの情報に、基子や美咲たちは現場に急行する。

 本部ではSITの係長・麻井憲介(伊武雅刀)らが建物内の犯人に交渉、食事を差し入れることを承諾させる。

 犯人の岡村は「若い女が運んでくること」「建物の周りの警察官はすべて撤退すること」を条件に出し、麻井はその役目を美咲に託す。

 これまで犯人と直接交渉の経験がない美咲は、不安から母・峰子(松本じゅん)に電話する。こうした姿が基子からするとあり得ないんでしょうけれど。人間としては普通に抱く恐怖だと思いますが。

 美咲はついに建物の中へ入ると、岡村に背後からナイフを突きつけられて「服を脱げ」と脅される。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。