So-net無料ブログ作成

時効警察 第7話 感想 [時効警察]

時効警察 第7話 感想:主婦が裸足になる理由をみんなで考えよう!


いわゆる昭和の3億円事件を模したという平成3億円事件が時効となった日、犯人と名乗る女・聡子( 葉月里緒奈)から総部署に電話がかかってくる。曰く手記の執筆のために遺留品が必要だとのこと。電話に出た霧山(オダギリ ジョー)は聡子が犯人だと確定出来たら返すことに。

聡子の自宅を訪れ、3億円の使い道を聞こうとする霧山。既に金は使いきり、今は発明で一発当てようとしている聡子。聡子は襲われた現金輸送車の運転手の証言から犯人を男だと決めてかかったことが時効になった原因であると指摘する。

その運転手伊東(田山涼成)に話を聞く霧山だが、助手席に乗っていた不倫相手とのことが発覚するのを恐れて犯人に言われるがままに偽証をしていた。回想シーンでのくんずほぐれずの画は非常に強烈でした…ある意味R指定でないかと(笑)

その頃総部署では熊本(岩松了)が大事にしまいこんでいた遺留品が紛失する騒ぎに。聡子が盗んだ可能性もあるとして、霧山は再び彼女の家へ。が、実のところ十文字(豊原功補)が盗んでいた…って何やってんですか、十文字さん。敏腕が泣きまする。
部屋を後にした霧山は発明家の大宮(モロ師岡)が聡子の部屋に入って行く姿を目撃する。昨年死んだ妻・夏美(松井涼子)から自分の発明した特許のパテント料でビルを建てたとの証言を得る。が、三日月(麻生久美子)の調べで実際の額は50万円程度だったことが明らかに。

結局聡子はシロで、遺留品の中に3億円の隠し場所が書いてあると信じていたが故の行動だった。犯人が死んでしまった今、どこでカードを出すかと思いきや「真犯人でないことを口外しない」カードを出す霧山。回を追うごとに一筋縄では行かない展開に、非常に名残惜しいのですが、どうやらあと2回で放送は終わってしまうようです…スペシャルでも良いので続編を望みたいところですが。

【送料無料】時効警察 DVD-BOX

【送料無料】時効警察 DVD-BOX
価格:17,955円(税込、送料別)



放送日 2月24日(金)23:15~24:10
平均視聴率 11.2%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

けものみち 感想 あらすじ 第7話 [けものみち]

けものみちの感想とあらすじ 第7話:麻布の女帝、衝撃の死


食事に毒物を混入された鬼頭(平幹二郎)、一命は取り留めたものの民子(米倉涼子)に疑いの目が向けられる。ついに警察を辞する久恒(仲村トオル)が出版社に乗り込む。鬼頭の事を記事にするために。

民子は米子(若村麻由美)を呼び出し、何故毒を盛ったかを尋ねる。犯人は米子。民子は鬼頭に連れられ風呂場の裏へ。そこには黒谷(前川泰之)と米子の姿が。黒谷にしなだれかかる米子だが、彼の手にはナイフが。鬼頭の命を受け、米子を殺すために。すぐに察知した米子、自ら身体を押しつけ刃の餌食に…両手を広げて飛び込んで行く姿は空恐ろしさを感じました。

一方情報を提供したにも関わらず、記事になっていないことを確かめるために出版社に乗り込む久恒。編集長からは鬼頭の記事を掲載出来ない、さらには鬼頭を追っていた記者がキリサワシュウジという男を追っていたことを話す。キリサワと呼ばれる男はまぎれもなく小滝(佐藤浩市)本人であった。何故鬼頭を追っているとキリサワこと小滝に辿り着くのか?謎は深まるばかりです。

鬼頭は自らの死が近いことを悟り、遺言を残そうとする。自分の財産を全て民子に残すと秦野(吹越満)に告げる。さらにもう一つ願いが。小滝を殺すこと。一方、芳仙閣では間宮(長谷川朝晴)と談笑する小滝の姿が。間宮は民子に利用されるだけの存在かと思っていましたが、さにあらず。果たしてこの先どうなるのか、今もって分かりません。



放送日 2006年2月23日(木)21:00~21:54
平均視聴率 13.4%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

時効警察 第6話 レビュー [時効警察]

時効警察 第6話 レビュー:恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第

今回は時効寸前の事件を舞台に繰り広げられました。15年前に夫を殺し、顔を整形しながら逃亡を続ける茗荷谷かよ子。霧山(オダギリジョー)は時効事件の裏には哀しみに暮れる被害者の家族がいることを思い知り、自分の趣味である時効事件の捜索に嫌気がさし、有給休暇を取って旅に出てしまう。
趣味の気分転換で旅に出るというのも凄い話ですが(笑)

霧山が万引き犯に間違えられ、身元引き受け人として呼んだはずの三日月(麻生久美子)がド派手なピンクの髪で現れたため、店員に信用してもらえず。それにしても三日月さんのパンクファッションが強烈でした、滅多にお目にかかれないと思うと貴重なショットでしたね。

万引き犯の真弓(吉高由里子)の母・レイコ(森口瑤子)に一目惚れしてしまう十文字(豊原功補)。結局レイコこそが茗荷谷かよ子なわけですが、惚れてしまったレイコを逮捕を躊躇し、時効に持ち込もうとする十文字。本来敏腕刑事の設定なはずですが、薄々疑わしくなってきました(笑)
霧山の方が数々の時効事件を解決し、有能だと思うのですが…

【送料無料】帰ってきた時効警察

【送料無料】帰ってきた時効警察
価格:860円(税込、送料別)



放送日 2月17日(金)23:15~24:10
平均視聴率 9.2%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

けものみち レビュー あらすじ 第6話 [けものみち]

けものみちのレビューとあらすじ 第6話:愛人の意地

鬼頭(平幹二郎)に刀を突きつけられた小滝(佐藤浩市)だが、臆することなく民子(米倉涼子)を自分の女だと言う。しかも寝た事のない民子の体に惚れたと言う。結局ふすまに刀を突き刺し、鬼頭の屋敷を後にする民子。
その後ホテルに戻って来た小滝をなじる民子だが、逆に民子の会社であるマスカレードの取締役を降りると言い出す。全く真意が掴めない小滝の行動ですが、納得する形で今後その狙いが分かるのでしょうか、本当に。

増々病気が進行している様子の久恒刑事(仲村トオル)は、民子の事件を入り口に鬼頭の犯罪を暴こうと捜査をしていた。だが後日、交通課への異動を命ぜられてしまう。まぁ到底おとなしく引き下がるはずもないとは思いますが。

一方小滝の後ろ盾を失い、有名ブランド「ベルコッティ」との提携が暗礁に乗り上げそうになり、民子はかつて店を奪った結城(野川由美子)に紹介を申し出るが、復讐の機会とばかりに民子に土下座を要求する。結局ベルコッティとは喧嘩別れしたので、役に立てないと言われる。
溜飲を下げる結城だが、この程度で満足出来るような代物だとは思えないのですが、奪われた銀座の店は。

屈辱にまみれる民子は小滝の携帯にかけるが繋がらず、支配人室にかけても女性に留守だと言われる。が、電話に出た女性とは、民子の秘書・光恵(田丸麻紀)で…一体小滝はどこを目指しているのか全くもって分からなくなってきました。

鬼頭に言われ米子(若村麻由美)と黒谷(前川泰之)が結婚することに。深謀遠慮がありそうな米子が民子の店に現れ鬼頭の世話を民子に託す。その夜民子が鬼頭に食事をさせていると突然の嘔吐。駆けつけた秦野(吹越満)に医師が食事に毒物が混入された形跡があると告げる。本当に民子は鬼頭の殺害を?相変わらず先の読めないドラマです。



放送日 2006年2月16日(木)21:00~21:54
平均視聴率 12.9%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

時効警察 第5話 レビュー [時効警察]

時効警察 第5話 レビュー:キッスで殺せ!死の接吻は甘かったかも?

長渕氏をモデルにしてると思われる人気ロック歌手・本郷高志の時効事件を今回霧山(オダギリジョー)は調べることに。本郷が王様ゲームでキスをした直後「オッス」の言葉を残し変死した事件である。

本郷はタレントのリナ(飯沢もも)とキスをした直後に死んだのだが、体内からは毒物反応がなかったため、妻で女医の雪絵(奥菜恵)に容疑の目が向けられた。が、結局は死因が分からず事件は時効になっていた。ここまででは殺害方法が見当もつきません。時効となるに説得力のある難事件みたいです。

雪絵の元を訪れる霧山と三日月(麻生久美子)。雪絵は二人の結婚記念日である事件当日、帰って来ない本郷に愛想を尽かし用意した料理を全て捨てたと言う。が、本郷のメモリアルグッズを販売するガッツ物産(笑)の経営者で、かつての付き人及川(東幹久)は雪絵に用意した料理を全て食べさせられたとの証言を得る。

調べを進めるうちに霧山は、本郷の死はアレルギーによるものではないかとの考えを持つ。事件当時認知度が低かった種類のものと、本郷の浮気相手に送りつけられたという柿ピーから、ピーナッツアレルギーだとの推測をする。

真実は実は恋愛関係にあった及川の唇についたピーナッツオイルを口移しに…そのシーンを想像させる画がキツかったです。結局本郷の残した「オッス」というメッセージは「及川好きだったよ」と言おうとしていただけであった…って凄いオチですな(笑)
今回は実に金曜ナイトらしい展開だったと思います、もちろん良い意味で。平均視聴率もほぼ2桁で安定しており、このまま行けば第2のトリックも見えてきた?



放送日 2月10日(金)23:15~24:10
平均視聴率 10.8%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

けものみち 感想 あらすじ 第5話 [けものみち]

けものみちの感想とあらすじ 第5話:想定外の女帝

鬼頭(平幹二郎)の屋敷で知り合った若手代議士の間宮(長谷川朝晴)に近づく民子(米倉涼子)。自らのマスカレードの事業拡大に利用する腹づもりらしい。全て鬼頭の思惑の中で生きることを良しとしない民子なりの考えのようですが、果たして…

奈々美(上原美佐)が民子を挑発するかのように店の売上げを着服する。民子が放火犯だと信じて疑わない奈々美は味方だと信じていた久恒刑事(仲村トオル)を呼び出し民子を逮捕させるつもりだったが、逆に久恒は奈々美の過去を調べあげ、それを話し始める。屈辱にまみれる奈々美、またもや遺恨勃発ですが、どんなリベンジをするのか?何だか一人世界観が違うような気が…

芳仙閣を訪れる民子。料理を2人前注文する民子に初音(東ちづる)は食べる気満々だったのだが、そこに間宮が現れとんだ恥をかかされる。とても滑稽でした、初音さん(笑)
間宮がマスカレードのために取締役候補を集めてくるが、社会的に地位のある人間が必要との言葉を受け小滝(佐藤浩市)に依頼をすることに。その場に居合わせた秦野(吹越満)が鬼頭に報告をすると告げて出て行く。

当然のように鬼頭に呼び出された小滝、米子(若村麻由美)からの連絡を受け、屋敷に急ぐ民子が目にしたものは、鬼頭に刃をのど元に突きつけられた小滝。あろうことか小滝が民子を自分の女だと告げ…小滝さん何を言い出すのでしょうか。



放送日 2006年2月9日(木)21:00~21:54
平均視聴率 13.3%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

時効警察 第4話 感想 [時効警察]

時効警察 第4話 感想:サスペンスの女王は温泉で二度死ぬ

霧山(オダギリジョー)が選んだ今回の時効事件は、人気2時間ドラマで主演の寂水を演じていた白河湯舟(広田レオナ)が撮影中に崖から転落死したもの。白河の死後、寂水を演じることになった、当時助手役で出演していたアヤメ旅子(永作博美)に事件の話を聞くため三日月(麻生久美子)と共に写真集出版記念のサイン会に行く霧山。
何故かロケ現場に招待されることになり、舞い上がる霧山。が、旅子は最近低迷する視聴率のテコ入れを図るため、マスコミにスキャンダラスなネタを提供するため、警察を利用しようとしていた。

翌日旅子はスタッフ会議で白河が死んでお蔵入りになった幻の第13回のシナリオでの撮影を持ちかける。ロケ現場に現れる霧山と三日月。これみよがしに業界用語を連発するスタッフ、ちょっと笑えました。
事件発生当時の現場に居合わせたという釣り人から当時の事情を聞く霧山。そんな気味の悪いところで釣り続けなくても…(笑)

事件発生当時の撮影ビデオを見た霧山は、ある仮説を立てる。旅子から助手としての出演をオファーされた霧山は、セリフ代わりに自らの仮説を話し始める。結局霧山の仮説通り、白河を嫌うスタッフ全員の犯行であった。
今回は所々小ネタも散りばめられており、楽しめました。そして安心しました。

リフレインが離れないあなたに。


放送日 2月3日(金)23:15~24:10
平均視聴率 11.2%

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

けものみち あらすじ レビュー 第4話 [けものみち]

けものみちのあらすじとレビュー 第4話:女帝の激突

結局久恒刑事(仲村トオル)は民子(米倉涼子)に唇を重ねたのは、同情?哀れみ?
謎の多いドラマにさらに謎が一つ増えただけでした…

小滝(佐藤浩市)が婚約者だと言っていた女性は、実は関東高速道路の香川会長の愛人であったが鬼頭に逆らう香川への見せしめとして弁護士の秦野(吹越満)に殺害されてしまう。

芳仙閣にて民子は小滝への熱い想いを吐露する。そして小滝も。でしたが、民子は確かに小滝に想いを寄せているようですが、嘘ばかりついている小滝は何か裏があるようにしか見えません。一体どこまで嘘に塗り固められているのでしょうか。

鬼頭の元に香川の後継者の会長になった熊谷が挨拶に来る。見送るように言われた民子。戻ってきた民子と米子(若村麻由美)が口論になり、ついに殴り合いに。最初から犬猿の仲でしたからね、この二人は。
むせび泣く米子に啖呵を切る民子。このまま引き下がるような女ではないでしょうね、米子は。



放送日 2006年2月2日(木)21:00~21:54
平均視聴率 15.5%
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。