So-net無料ブログ作成
検索選択

アスコーマーチ あらすじ レビュー 第1話 [アスコーマーチ あらすじ レビュー 第1話]

アスコーマーチ第1話のあらすじとレビュー:

第一志望のお嬢様学校の受験に失敗し、不本意ながら工業高校に入学することになってしまった吉野直(武井咲)。

というか滑り止めに工業高校受けるか?普通という突っ込みを入れたくなりますが。お嬢様学校目指してたら、せめて商業高校ぐらいな気がしますが。

直が入学した明日香工業高校、通称・アスコーは新入生徒148人のうち、女子はたったの3人という男組。

直の1年A組に女子は一人だけという現実を悲観し、クラスメートたちとも馴染めことができず、彼らを見下すような態度をとってしまう。

同じ会社で上だ下だと争っている大人たちへのアンチテーゼが含まれている気もしますが。潰し合いの日本サラリーマン社会への皮肉。

口を開けばケンカばかりの輪島豪(南圭介)や広瀬里美(石田卓也)、村井一(金井勇太)、どこか冷めた態度で他の生徒とは距離を置いている竹内和也(永山絢斗)など、さすがに工業高校は強烈なキャラクターの男子学生ばかり。

ホストのアルバイトをしているワケありな横山有人(松坂桃李)に、学校内で突然迫られる直。慣れない実習授業も重なり、日々戸惑いながら気が乗らない高校生活をスタートさせることになる。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

名前をなくした女神 レビュー あらすじ 第1話 [名前をなくした女神 レビュー あらすじ]

名前をなくした女神 のレビューとあらすじ 第1話:女の闘い開幕!ようこそ、ママ友地獄へ

お受験を控えた母親たちのドロドロ劇を描いているようですが、まず本当にこんな世界なんでしょうか。お受験ママは怖いの一言です。

必要以上に子供に干渉する母親、無邪気な子供がしでかしたことでも、親のしつけが悪いと責める。

昨今、しつけでは治すことのできないADHDなどの脳の問題が取りざたされている中、子供が悪いのは親が悪いというステレオタイプの展開には違和感。

さらに、自殺を図るという後味の悪い展開。初めて子供に集団生活をさせようとしている親には、どう映るんでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。